Adobe Illustrator(イラストレーター) 使い方と出力講座:透明効果からPDF保存、Illustrator CS3まで
Adobe Illustrator使い方と出力講座:透明効果からPDF保存、Illustrator CSまで

ホームQ&Aサンプルお申込み利用種の声プロフィール
PDFやカラーマネージメントなどのDTPに関するさまざまな旬な話題をお届けする無料のメールマガジン「DTP-Sウィークリーマガジン」はこちらから。
メールアドレスをご入力ください。





インクナブラ発行のIllustrator関連素材集はこちらから。

■インクナブラIllustrator関連素材集
TEXTILE PRO MASTER
[ヨーロピアン・レース]

『TEXTILE PRO MASTER[ヨーロピアン・レース]』はこちらから。
高級感あふれる伝統的なヨーロッパのレースのパターンが100点はこちらから。

インクナブラ発行のIllustrator関連書籍はこちらから。

■インクナブラiPhoneアプリ

Illustrator
Illustratorから印刷用に出力する上で、知っておきたいトラブルやノウハウを対話形式でわかりやすく解説。ブログに掲載した内容を補足し、新しくCS3〜CS5までのアップデート内容の詳細も追加しました。アプリ内から「Illustrator 8.0印刷用PDF作成ハンドブック」も有償でダウンロードできます。App Storeで「Illustrator」で検索してください。ダウンロードはこちらから。


Illustrator
Illustrator は印刷用出力データ作成でもっともよく使われているソフトです。Illustrator CS〜CS4までで、失敗しない印刷用データの作成方法とチェック方法を詳しく解説。初心者でもデータを作成したあとにチェックしたいものです。App Storeで「Illustrator」で検索していだたくとダウンロードできます。ダウンロードはこちらから。

InDesign
InDesignはCS3以降、EPUB書き出しに対応。しかしバージョンによって書き出し方が異なりそのままではEPUBビューワーでは思い通りに開きません。本書ではCS3/CS4/CS5からのEPUBの書き出し方法とフリーソフトのSigilでEPUBのXHTMLやスタイルシートの編集方法を解説。App Storeで「InDesign」で検索して下さい。ダウンロードはこちらから。

Acrobat
Acrobat 9 Proには多くの新機能が追加されました。Acrobat 9 Proの新機能であるPDFポートフォリオ、Flash形式での動画の埋め込み、ウィザードで作成するフォーム、Acrobat.comなどの使い方をわかりやすく解説。さらにAcrobat X Proでブラッシュアップされた機能にも言及。App Storeで「Acrobat」で検索して下さい。ダウンロードはこちらから。

インクナブラのWebサイト


■インクナブラIllustrator関連書籍


『一目でわかる! Acrobat 7.0 新機能ガイダンス:文書レビュー、セキュリティ、印刷工程パレットまで(上高地仁著)』はこちらから。
Illustrator CS4までのおいしい新機能活用講座:実用的な新機能を時間をムダにせず使う方法(上高地仁著)』はこちらから。


『一目でわかる! Acrobat 7.0 新機能ガイダンス:文書レビュー、セキュリティ、印刷工程パレットまで(上高地仁著)』はこちらから。
トラブルでオタオタしないIllustrator使いこなしの鉄則:バージョンによって異なる透明分割の違いをご存じですか?(上高地仁著)』はこちらから。

『一目でわかる! Acrobat 7.0 新機能ガイダンス:文書レビュー、セキュリティ、印刷工程パレットまで(上高地仁著)』はこちらから。
失敗しないIllustrator出力講座:トラブルのないIllustrator EPS保存からIllustrator PDF保存まで(上高地仁著)』はこちらから。

『プリプレス用PDF作成ハンドブック:印刷できないPDFを作らないためのノウハウ、IllustratorからWordまで』
一目でわかるIllustrator CS新機能ガイダンス:OpenTypeに対応したIllustrator CSの新機能のすべて(上高地仁著)』はこちらから。

『PDF/Xを使う前に読む本〜プリフライトの仕様とPDF/X専用情報、Word、Illustrator、InDesignなどからPDF/X作成ノウハウ〜』はこちらから
本気でマスターする Illustrator 透明読本:Illustratorの透明の仕組みとトラブル対応を解説(上高地仁著)』はこちらから。



『Word+Acrobat DTP出力実践ガイドブック』は、Wordから印刷用PDFを作成するときに知っておきたいフォント、画像、透明、ヘアラインなどのチェックポイントと対処法を解説します。
Illustrator 8.0大解剖:Illustrator 8.0の基本的な機能から、拡張された機能まで(上高地仁著)』はこちらから。


Acrobat 7.0 Proの出力ノウハウはこちらから。

Adobe Acrobat 7.0 ProからPDFを思い通りに出力する方法)



アマゾン関連商品
 


 Illustratorを使う上で知っておきたい使い方についてのトピック集です。





▼001 Illustrator PDF復活するトリムマークの落とし穴


 IllustratorからPDF保存する場合、バージョンによってトンボ作成方法が異なります。Illustrator 10まではPDF書き出し時にトンボを追加することはできませんが、Illustrator CS以降は、PDF保存のウィンドウでトンボを追加する設定が用意されています。

 PDF保存時に追加されるトンボは、アートボードに対して生成されます。逆に言うと、アートボードサイズが仕上がりサイズでなければ意味がありません。アートボードを基準にしてドキュメントを作成するという方法を採用したときには、たいへん便利な機能です。

 Illustrator CS4でマルチプルアートボードの機能が追加されましたが、これは

アートボードサイズ=仕上がりサイズ

という前提で設計されています。ドキュメントのもっとも基本的なサイズがアートボードサイズというわけです。複数のアートボードを設定していても、それぞれのアートボードに対してトンボを追加してPDFを書き出すことが可能になっています。

 ただし、PDF保存時にトンボを追加する場合に注意したいのは、Illustrator CSです。Illustrator CSはトンボを追加することが可能ですが、アートボード外にオブジェクトがあると、それらを認識してPDFに含めてしまいます。


*Illustrator CSのPDF保存時の[トンボと裁ち落とし]のパネル。PDF保存時にトンボを追加することができるようになっていますが、CS2以降とことなり、裁ち落としの外にあるオブジェクトも含めて書き出してしまいます。

 IllustratorはもともとPDF保存するときに、メディアサイズとアートサイズしが書き出すことができませんでした。

Illustratorのアートボードサイズ=PDFのメディアサイズ
Illustratorのオブジェクト境界線=PDFのアートサイズ

となります。これがIllustrator 10までのIllustratorからのPDF書き出しで書き出されるサイズです。Illustrator CSからPDF保存時にトンボを追加できるようになったので、

Illustratorのアートボードサイズ=PDFの仕上がりサイズ
Illustratorのアートボードサイズ+裁ち落とし幅=PDFの裁ち落としサイズ

が設定できるようになりました。ところが、Illustrator CSではどうやら「Illustratorのオブジェクト境界線=PDFのアートサイズ」の書き出しが残ってしまっているようで、アートボードの外側にオブジェクトがあると、そのまま書き出されてしまい、アートサイズがPDFに反映されてしまうのです。つまり、仕上がりサイズや裁ち落としサイズよりアートサイズの大きくなってしまうのです。Illustrator 10まではアートボードの外にオブジェクトがあってもPDFには反映されませんから、不思議な仕様です。これはPDF/Xでは「違反」となる仕様です。

 Illustrator CS2以降はアートサイズは書き出されず、アートボード外のオブジェクトが反映されるのは、裁ち落としサイズの内側のみとなりました。IllustratorでのPDF書き出しでは

Illustrator 10まで
Illustrator CS
Illustrator CS2以降

で書き出されるPDFサイズが異なっています。

 さて、Illustrator 10までのバージョンはいまでもよく使われています。Illustrator 10まではPDF保存時にトンボを追加することができませんから、オブジェクトメニューの[トリムマーク]を使うことになります。その場合PDF保存のポイントは

アートボートサイズ内にトリムマークを収める

ということです、PDF保存では仕上がりサイズとアートボードサイズを同じにしてトリムマークを追加しても、PDF保存するとトリムマークはPDFには反映されません。つまり、アートボードサイズを大きくしてPDF保存する必要があるのです。

 もしアートボードサイズの外にトリムマークを追加してPDF保存した場合、アートボードを拡張してPDF保存をし直す必要があるのでしょうか。ところが

Acrobat Proの[ページのトリミング]

でPDFのトリミングサイズを大きくすると、隠れているトリムマークが表示されるのです。たとえばA4サイズのアートボードでレイアウトして、トリムマークがアートボードサイズに対して付いているとしましょう。その場合PDF保存するとA4サイズで書き出されます。トリムマークは隠されていますが、[ページのトリミング]の[カスタム]でページサイズを大きくすると、アートボード外のオブジェクトが表示されるのです。

 この方法を使うと、トンボが含まれない状態でPDFが入稿されても、[ページのトリミング]でトンボを回復で決めることになります。裁ち落としがある場合も、再現できますから、極めて実用的なノウハウです。

 ただし、この便利な方法には、落とし穴があります。


◆続きはこちらから[DTP-S倶楽部ブログ─要DTP-S倶楽部パスワード]
http://dtp-s.seesaa.net/article/127519905.html

◆DTP-S倶楽部のご入会はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/club/club.html



◆Illustrator CS/CS2/CS3/CS4入稿データ作成講座[インクナブラ]
http://www.incunabula.co.jp/book/IllustCS1_4/


2009年09月07日更新





さらにWebで検索する場合は下記より↓

Google


◆アドビストアでのお申込はこちらから