書籍
素材集
面付けの素
セミナー
Web通販
お問い合せ
LETS入会
DTP-S
>トップページ
CONTENTS
・書籍
・素材集
・iPhoneアプリ作成
・PDF面付けの素
・セミナー
・Web通販
・問い合わせ
・LETS入会案内
・DTP-S


iBooks Author



iBooks Author


iBooks Author

 Appleから無料のiBookstore用のコンテンツ作成ソフトがリリースされました。教科書作成ソフトという位置づけですが、教科書以外の電子書籍も作成できます。

 iBooks Authorで電子書籍を作成する最大のメリットは1つしかありません。それは

iBookstoreにそのまま申請できること

です。電子化されたコンテンツを配布するには、もっもと普及したデバイスのマーケットに乗せることが最重要です。デバイスが普及していなければ、その中で配布されるコンテンツも日の目を見ることはとても難しいでしょう。

 残念ながらそうはいっても、日本ではiBookstoreは始まっていませんし、iBooks Authorがあっても日本語の書類を申請できるわけではありません。さらに、iBooks Authorで作成した書類はiPadでしか動作しません。iPhoneのiBooks2にはインストールできないのです。

 また、iBooks Authorの書類を見るにはiBooks 2が必要で、iBooks 2は最新版のiOS 5のインストールが必要です。iPadは普及しているとはいえ、インストール先は限定されています。現在のところ、縦組やルビにも対応していません

 メリットはもう1つありました。それはiBooks Authorは無料で使えるということです。App Storeからダウンロードするだけで使って電子書籍を作成できます。動画や音声、画像ギャラリー、Keynote、練習問題、Dashcodeウィジェットなどをインタラクティブな要素をふんだんに盛り込み作成可能です。インタラクティブな電子書籍がコストをかけずに誰にでも作成できるのです。

 ただし、iBooks Authorで作成したiPad用のファイルは、有料で販売する場合は、iBookstoreで販売しなければなりません。しかし無料で配布する場合には制限はありません。限られたネットワーク内であっても無償で配布することは可能でしょうか。たとえば塾がiBooks Authorでサブテキストを作成して、塾生に無料で配布することは可能でしょう。

 iBooks Authorのインストールでは、Mac OS X 10.7.2以降が必要です。10.7.2以降にしなければApp StoreからiBooks Authorをダウンロードすることはできません。ただしMac OS X 10.6.8でもインストールできないことはありません。SystemVersion.plistのOSバージョンを変更することでiBooks Authorはインストール可能です。

iBooks Author

 今年iPad 3が発売されます。2012年度のiPadの推定販売数は全世界で4,800万台だと予想されています(iPadは2010年と2011年で4,720万台を販売)。一般にiOSデバイスの日本での販売シェアは6%程度だと言われていますので、日本でも300万台程度は売れる可能性はあります。昨年までにiPad/iPad2はすでに200万台が売れているというニュースもあります。ですから、iBooks 2がインストールされているiPadは、日本だけでも今年中に500万台くらいは確実に普及しそうです。

 日本語のiBooks Author書類をiBookstoreで配信するにはまだ少し時間がかかるかも知れません。しかし無償で配信する場合は、一切制限はありません。iBooks Authorでコンテンツを用意しておけば、日本でのiBookstoreが開始されたら、いち早く参入できます。新しいマーケットでは先に参入することで優位な立場に立つことができます。

 アメリカでは電子書籍専用端末としてはKindleが高いシェアを獲得しています。2011年末に発売された「Kindle Fire」は年末に600万台以上販売されたといわれています。ところが価格比較ポータルサイトのアンケートによると、Kindle Fireユーザーの58%がiPad3に乗り換えを考えているといいます。KindleとiPadを比較しても意味はありませんが、価格が高くてもiPadの潜在ユーザーは決して低くはありません。


iBooks Author

 iBooks AuthorでiBooks 2で開く電子書籍を作成するのは、とても簡単だと言われています。デフォルトで用意されたテンプレートを開いてチャプタやセクションの画像とテキストを差し替え、あとは本文テキストを流し込むだけです。画像や動画も簡単に貼り込むことができます。

 さらにiPadでの横向きと縦向きに対応しています。横向きでは固定レイアウトで縦向きにすると本文テキストはリフローになり、テキストサイズを変更できます。つまりレイアウトを見せたいときは横向きにし、テキストを優先して読みたいときは縦向きにすればいいわけです。

iBooks Author

iBooks Author
*iBooks Author書類をiPadで読む。横向きは固定レイアウトなのでテキストサイズのアイコンがバーに表示されません。縦向きではテキストのアイコン「A」でテキストサイズを変更できます。

 貼り込んだ画像はそのまま配置することもできますし、別ウィンドウで表示させることも可能です。動画もレイアウト上で再生することも可能で、別ウィンドウで拡大して再生することも可能です。グラフは数値入力しておけば、あとから別のグラフに変更できます。表はセルに関数を割り当てそのままスプレッドシートとして使うことも可能です。

 iBooks Authorが出色なのは、なんといってもDashcodeのデータを取り込めることでしょう。DashcodeはiPhoneやiPad用のWebアプリを作成するための開発ツールです。DashcodeではHTML5とJavaScriptを使ってインタラクティブなアプリを作成でき、iBooks AuthorはDashcodeウィジェットをiBooks Author内に取り込むことができるのです。Dashcodeを使えば書類の中にアプリを埋め込めることになり、極めて大きな表現力を手に入れることができます。

iBooks Author

InDesign

 こんにちは、コンテンツ・ワークフロー・スーパーバイザーの上高地仁です。iBooks Authorを使ってみました。簡単とはいえ、iBooks Authorのヘルプだけで思い通りに作成できるかというと、なかなかそうはいきませんでした。iBooks Authorはこれからのコンテンツ配信ではiBooks Authorは外すことのできないツールです。その仕組みを理解すれば、作成は極めて簡単でした。

 豊富な機能のあるiBooks Authorですが、レイアウトを自由にカスタマイズするには、iBooks Authorの仕組みを知っておきたいものです。目次は横向きと縦向きでは扱いが異なりますが、どのような仕組みで作成されるのでしょうか。また目次の構成をカスタマイズすることはできるのでしょうか。

iBooks Author
*iBooks Authorの書類インスペクタの目次パネル。横向きはチャプタ単位で目次が作成されるので決められた段落スタイルが使われます。縦向きでは全体の目次が作成され、指定した段落スタイルを目次に追加できます。

 ヘルプでiBooks Authorの使い方はある程度はわかりますが、実際にはそれだけでは使いこなせないところも多々あります。たとえばヘルプにはiBooks Authorで扱える画像フォーマットとしてJPEG、PNG、GIFとしていますが、PDFとPhotoshop形式やTIFF、さらにはIllustrator EPSも貼り込み可能です。GIFは対応していてもGIFアニメは不可です。実際に試してみないとわからない部分は少なくありません。

 あるいは目次は仕組みはどうでしょうか。書類内に含まれるテキストの内、目次に使われるテキストは決まっていますが、目次は横向きと縦向きでは表示方法も異なりますし、使われる段落スタイルが異なっています。またチャプタやセクション番号のテキストはどのように決まるのでしょうか。

 画像にテキストを回り込ませたいときは、どの画像フォーマットが適しているのでしょうか。画像に追加されているクリッピングパスを反映させる方法はあるのでしょうか。貼り込み画像の最適解像度はどのくらいでしょうか。画像を別ウィンドウで表示させることはできるでしょうか。

 iBooks Authorで書類を作成するとき、ほんのちょっとしたことを知らないために思わぬことで時間を浪費することになります。たとえばテキストの取り消し線はどこで指定するでしょうか。テキスト属性の指定はツールバーとテキストインスペクタで指定しますが、取り消し線はフォーマットメニューの[フォント]の中にしかありません。

 とはいえ、フォーマットメニューの指定が適用されないテキスト属性もあります。それはハイパーリンクテキストのアンダーバーです。ハイパーリンクテキストはアンダーバーがオフになっていても、アンダーバーが表示されます。ハイパーリンクテキストは「図参照」の文字スタイルが適用されますが、アンダーバーはiBooks Author上では非表示にできません。

 

 



 本書は入門編です。iBooks Authorを使う上で押さえておきたいポイントをまとめたものです。ページの作成、テキストの指定、オブジェクトの編集、全体の構成、そして書類の書き出し方法について具体的にわかりやすくまとめています。たとえばアイコンでしか確認できないグラフや飾り枠も実際のデータを一覧できるようにしてあります。

 iBooks Authorを使う上で、必ず押さえておきたいツボがあります。本書では実際に試してみた結果を取り上げ解説しています。ですから実際に試したデータも含めてお届けしています。本書があれば、素材さえ揃えばすぐにiBooks Authorでドキュメントを自在に作成できるようになります。

 なお、iBooks Authorはアプリとして進化が早いと予想されます。バーションアップの頻度は低くないでしょう。そこで、テキストはPDF版でのご提供とさせていただきます。必要なページだけプリントアウトしてご覧ください。PDF版にあわせて日本語版テンプレート、検証用サンプルファイルを同梱してCD-ROMでお届けいたします。



■iBooks Author作成ガイドブック入門編PDF版
A5/160ページのテキスト。

目次

第一章テンプレートからファイルを作成する

1-1 iBooks Authorでテンプレートを選択する
 ファイルメニューから「テンプレートセレクタ」を表示する
 ファイルメニューの[新規]で開くテンプレート
 テンプレートを開いてメインウィンドウを表示する
1-2 チャプタとセクションとページの構成
 本文以外のブック要素、表紙や目次
 ブック本体はチャプタとセクションから構成される
 レイアウトを表示してブックを追加する
 チャプタとセクションにページを追加する



1-3 横向きのレイアウトを縦向きに変更する
 ツールバーの[方向]で縦向きにする
iBooks Author

1-4 レイアウトパネルでのオブジェクトの編集

 レイアウトを編集して[変更を適用]する
 横向きのオブジェクトを縦向きでも表示する
 レイアウトパネル上のテキストを編集可能にする


コラム:WordやPagesファイルをインポートする



第二章テキストを編集してスタイルを指定する

2-1 テキストを挿入してテキストを設定する
 テキストボックスのテキストを選択する
 フォーマットバーで指定するテキストのフォント
 テキストのカラーを指定する
 テキストカラーを横向きと縦向きで共有する
 テキストにボールドとアンダーラインを指定する


2-2 フォーマットバーで段落を設定する
 フォーマットバーで揃え方向を指定する
 フォーマットバーで行間を指定する
 フォーマットバーで段組みを指定する
 インスペクタで段落インデントを指定する
 フォーマットバーでリストスタイルを指定する
 インスペクタで文字の間隔と段落の間隔を指定する
iBooks Author



2-3 スタイルパネルでテキストのスタイルを指定する
 フォーマットバーからスタイルパネルを表示する
 テキストに段落スタイルを指定する
 テキストに文字スタイルで上書きする
 リストスタイルを追加して設定する


2-4 用語を登録して索引リンクを作成する
 テキストを選択して用語を登録する
 テキストに索引リンクを追加する
コラム:カラーピッカーで既存色を割り当てる方法


第三章オブジェクトを作成して設定する

3-1 オブジェクトを扱うための機能とは
 オブジェクトを選択してコピーや移動する
 オブジェクトの位置や間隔や揃える
 オブジェクト同士を重ね合わせる
 オブジェクトをテキストに配置する3つの方法
 重ね合わせたテキストは回り込みにする
 オブジェクトに影を追加する
 オブジェクトを接続の線で結びつける
3-2 ツールバーから組み込み図形を作成して編集する
 ツールバーから組み込み図形を選択する
 グラフィックインスペクタで図形に属性を指定する
 組み込み図形を編集可能にして編集する
 組み込み図形内にテキストを挿入する
3-3 ツールバーから表を挿入して作成する
 ツールバーから表を挿入する
 表インスペクタのフォーマットでルールや関数を指定する
3-4 ツールバーからグラフを選択して編集する
 ツールバーからグラフを挿入する
 グラフインスペクタでグラフを編集する
iBooks Author
3-5 フォーマットメニューからイメージを取り込む
 画像をドラッグしてページに貼り込む
 画像は最大505ピクセルに縮小して貼り込まれる
 画像の明度やコントラストを編集する
 画像を組み込み図形でマスクする
 インスタントアルファで不要な要素を削除する
 iPadで画像を別ウィンドウで表示する
3-6 ウィジェットで動画やHTML5を取り込む
 ウィジェットを作成してレイアウトパネルを指定する
 複数の画像をギャラリーとしてウィジェットにする
 動画と音声をウィジェットとして取り込む
 ウィジェットとして練習問題を作成する
 Keynoteのデータを取り込む
 インタラクティブイメージをレイアウトする
 3Dデータをウィジェットとして取り込む
 Dashcode HTMLウィジェットとして取り込む
3-7 ブックマークとハイパーリンクを設定する
 Webページをハイパーリンクとして登録する
 メールメッセージをハイパーリンクにする
 ブックマークをテキストに設定してハイパーリンクする
 [リンク先]に「図」を指定してハイパーリンクする
コラム:EPUB形式のファイルをエディタで開く


第四章 ブックの構成要素とテンプレート一覧

4-1 差し替え用のプレースホルダを設定する
 プレースホルダテキストを定義する
 メディアプレースホルダを定義する
4-2 チャプタ目次に目次テキストを表示する
 セクションテンプレートに用意された目次テキスト
 縦組で表示される段落スタイトルテキスト
4-3 チャプタとセクションの前置き文字を書き換える
 チャプタの前置き文字を書き換える
 セクションの前置き文字を書き換える
iBooks Author

4-4 ページ番号のレイアウトを変更する

 レイアウトパネルでフッタを指定する
4-5 デフォルトテンプレートレイアウト一覧
 「基本」テンプレートのチャプタとセクション一覧
 「コンテンポラリー」テンプレートのチャプタとセクション一覧
 「モダンタイプ」テンプレートのチャプタとセクション一覧
 「クラシック」テンプレートのチャプタとセクション一覧
 「論説」テンプレートのチャプタとセクション一覧
 「クラフト」テンプレートのチャプタとセクション一覧
コラム:PDFの不要部分をAcrobatでカットする


第五章 iBooks Authorからファイルを書き出す

5-1 書類をプレビューしてiPadで開く
 ツールバーから[プレビュー]してiPadで「Proof」する
5-2 書類をテンプレートとして保存する
 テンプレートとしてマイテンプレートフォルダに保存する
5-3 書類をブックやPDFとして書き出す
 iBooks 2用のブックとして書き出す
 書類をPDFとして書き出す
 書類をテキストとして書き出す
iBooks Author
5-4 書類を公開してiBookstoreに登録する
 [公開]してパッケージとして保存する

Webサイトにアップされているページもあります。Webページはこちらから

■日本語版デフォルトテンプレート
デフォルトで用意されている6つのテンプレートの段落スタイルには日本語フォントではなく、欧文のGeorgiaが適用されています。日本語にGeorgiaを指定すると、iBooks Authorでは明朝で表示されますが、iPadではゴシック体で表示されます。デフォルトの6つのテンプレートの段落スタイルの指定をすべてヒラギノ明朝やヒラギノ角ゴに差し換えたテンプレートを同梱いたします。

iBooks Author

           arrow

iBooks Author
*デフォルトの段落スタイルはすべてGeorgiaなどの欧文フォントが使われています(テンプレートによって使用フォントは異なります)。Georgiaを使うと、iBooks Author上ではヒラギノ明朝で表示されますが、iPadにダウンロードするとヒラギノ角ゴで表示されます。テンプレートはそのまま使うより、段落スタイルのフォントを日本語フォントにして再定義して使う方が確実です。詳しくはこちらを御覧下さい。

 

段落スタイルを日本語フォントに指定し直した無料サンプルをご用意しました。「基本」テンプレートのすべての段落スタイルを日本語フォントに差し替えたものです。ダウンロードはこちらから。

また詳しくはこちらの記事「日本語仕様ではないiBooks Authorデフォルトテンプレートを日本仕様にする」「iBooks AuthorはInDesignとどう違うのか その2テキストスタイル」も御覧下さい。


■ガイドブック入門編検証用サンプルファイル
書籍を作成する上で使用したiBooks Authorの検証用ファイル一式がバンドルされます。iBooks Authorの使い方を解説に使用した実際のファイルでiBooks Authorの動作をご確認いただけます。iBooks Authorで開いて、iPadにダウンロードして動作を確認することが可能です。

ギャラリー
iBooks Author

練習問題
iBooks Author

インタラクティブ
iBooks Author

3D
iBooks Author
*ウィジェットの見本の一部。3DデータはiPadで回転させることがでてきます。Dashcodeウィジェットについては、こちらでダウンロードサンプルをご案内しています。


EPUB

 

 

 

iBooks Author



iBooks Author


InDesign 「これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック入門編」プリントアウト版


「これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック入門編」はPDFでのご案内ですが、ご希望の方のみテキストのプリントアウト版を同梱いたします。Xcode 4での実機インストールとアプリの申請をいち早く理解していただくために、テキスト本文のプリントアウト版を同梱いたします。A5サイズでプリントアウトし中綴じして製本したものです。




InDesign48時間以内の決済でメール便送料無料


対応マーク
お申し込み後、48時間以内にPaypalもしくは銀行で決済していただくと送料は無料となります。Paypalでご利用頂けるクレジットカードはMASTER、VISA、AMEX、JCBとなっています。Paypalのアカウントをお持ちの方は、そのままログインしてPaypalでお支払い下さい。Paypalのアカウントをお持ちでない場合も、クレジットカード番号を入力していだたくと、そのままカード決済できます。Paypalは世界中で2億2千万以上のユーザーが登録していて、もっとも安全なオンライン決済システムだと言われています。

テキストPDFとセミナー動画の含まれたDVDはのちほどメール便でお届けいたします。

*トラック便をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。送料が別途必要となります。トラック便の場合は代引きも可能です。



InDesignスタイルを日本語化した日本語版テンプレートをバンドル


iBooks Authorにバンドルされたテンプレートのスタイルはすべてフォントが欧文指定になっています。欧文のままiPadにインストールすると、フォントが指し変わってしまうことがあります。最初から日本語フォントで指定されたテンプレートを使用すると、iPadでのフォント表示が変わってしまうことがありません。iBooks Authorのデフォルトテンプレートを日本語フォントに差し替えたテンプレートを同梱しています。


InDesignプリント版もあわせてバンドル


ご希望の方には、『これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック入門編』のテキストPDFのプリント版を同梱いたします。このページからのお申し込み時に[プリントテキスト]で「プリント版を希望する」を選択してください。プリント版を同梱してお届けいたします。トラック便でお届けでは、プリント版をそのまま同梱してお届けいたします。




これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック入門編
これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック入門編
『これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック入門編』
上高地 仁 著/A5_160P/2012年03月09日初版/インクナブラ 刊行

Illustrator CS3プリント用とスクリーンブラウズ用PDFが収録されたCD

販売価格:4,990円
一般価格:4,990円 DTP-S倶楽部会員価格:1,000円
*DTP-S倶楽部に同時入会される場合はデータを無料でダウンロードいただけます。お客様情報入力画面で「DTP-S倶楽部に入会する」を選択して下さい。



●送料メール便のお申し込みは下記Webフォームからのお申込みください


インクナブラiOSアプリ作成ツール
■ご希望の書籍・ツールをチェックして数量を入力して下さい。

製 品 名
販売価格(税込)
数量
これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック入門編:4,990円
4,990円 
  iPhoneアプリ作成ツールSakuttoBook
→お申し込みはこちらから  



■下記フォームはメール便での配達する場合のお申し込みとなります。
トラック便でお申し込みされる場合こちらからお申し込みください。別途送料が必要です。代引きでお支払いも可能です。

■各フォームに記入のあと、「書籍・ツールを申し込む」ボタンを押してください。(*は必須です。)
■*は必須項目ですので記入漏れがないか、もう一度ご確認ください。
■SakuttoBook Trial版はお申し込み後、メールな添付してお送りいたします。お届けまで時間がかかることがあります。

     

貴社名

お名前*

ふりがな*

郵便番号*

住所*
※マンション・ビル名、部屋番号までご記入願います。

E-Mail*
半角英数でご記入下さい。アドレスはくれぐれも間違いのないようご注意ください。

Tel*
※お届け時にご連絡可能な電話番号の記入をお願いします。

お支払い方法*
※Paypalで決済される場合は、のちほど決済リンクをメールでお送りいたします。銀行・郵便局での振込先は返信メールに記載しております。いずれも48時間以内に決済願います。メール便はのちほどお届けいたします。銀行・郵便局での決済では、振込手数料はご負担願います。

ご請求方法*
注意)代金引換の場合は弊社では佐川急便との二重請求になるため請求書・領収書を発行いたしません。
領収書が必要な場合は、引き替え時に佐川急便の配送ドライバーの方にお申し付けください。
代金引換の商品明細を希望される場合は「明細書」を選択してください。

プリントテキスト
※テキストのプリント版を希望される場合は、必ず「プリント版を希望する」を選択して下さい。

DTP-S倶楽部*
コンテンツ・ワークフロー実践会DTP-S倶楽部に同時にご入会いただきますとDTP-S会員価格にてご購入いただけます。

メッセージ



*インクナブラ書籍・ツールは実用的なものばかりです。いますぐお申込ください。
 

 


iBooks Authorは新しい時代の
モバイルコンテンツ作成ツールです。


iBooks Authorのメリットは動画を含んだコンテンツを簡単に作成できることでしょう。動画とテキストを組み合わせたモバイルコンテンツは、iBooks Authorでしかいまのところ作成できません。PDFはFlashで動画を埋め込む仕様になっていましたが、iOSではFlashは使えません。動画はQuickTimeで変換して書き出すことでiBooks Authorで貼り込みできます。

コンテンツをオープンな環境で販売する場合はiBookstoreを経由しなければなりませなんが、直接販売しなければ、どのように作成したコンテンツを利用しようとまず問題はないでしょう。そう考えると、限られた環境であれば、iBooks Authorで作成した書類は自由に配布できるはずです。

iBooks Authorの使い方をいち早くマスターしたいあなたのために、本書は書かれました。是非、最短速度でiBooks Authorをマスターして下さい。

今すぐ上記のお申込フォームからお申込みください。






ご意見・お問い合わせはこちらから