書籍
素材集
面付けの素
セミナー
Web通販
お問い合せ
LETS入会
DTP-S
>トップページ
CONTENTS
・書籍
・素材集
・iPhoneアプリ作成
・PDF面付けの素
・セミナー
・Web通販
・問い合わせ
・LETS入会案内
・DTP-S


EPUB 3 Fixed Layout



EPUB 3 Fixed Layout



 EPUB 3 Fixed Layout

 iBooksはepubとPDFに対応したブックビューワーです。しかしiBookstoreに登録してブックコンテンツを申請する場合、PDFでの申請は認められていません。iBookstoreで配信可能なフォーマットはepubとiBooks Authorのファイルのみとなっています。PDFが対象外となっているのはAmazonのKindleも同じです。

 なぜiBookstoreではPDFが排除されたのでしょうか。PDF自体はオープンなフォーマットですが、PDFを加工・編集する機能はオープンでないものが多くあります。特許の縛りがあります。たとえばPDFのWebリンクです。PDF上の特定の場所をクリックすると、ブラウザーでURLを開くというシンプルな機能ですが、これはAdobeのライセンスです。他社は許諾を受けないと使用できません。

EPUB 3 Fixed Layout
*Acrobatの「Adobe プラグインについて」を開くと、PDFのWebリンク機能がAdobeがライセンスを持っていることがわかります。ユーザーはWebリンク機能を使うためにはAcrobatを導入するしかありません。

 Macintoshの標準ビューワーであるプレビューには、以前Webリンクをあとから追加する機能がありました。しかしMac OS X 10.7.4のアップデートでこの機能は削除されました。おそらくAppleとAdobeの間で折り合いがつかなかったのでしょう。PDFを使う限りWebリンクを自由に使うことはできません。ブックストアがオープンなフォーマットを目指す場合、PDFは使えないことになります。すでにレイアウトされた書籍を電子書籍化するにはPDF以外の選択肢を模索するしかありません。

 そこで既にレイアウトされた電子書籍を表示する機能をepubに追加することになりました。従来のepub 2ではレイアウトされた書籍をそのままepubすることは想定されていませんでした。epubはリフロー型の電子書籍のためのフォーマットだったからです。しかしepubはXHTMLファイルが1ページですから、1ページに画像を1つ配置すればPDFと同じようにレイアウトされた書籍をepubの電子書籍にすることができます。

 日本では紙の書籍の2割から3割がコミック(漫画)の売り上げと言われています。コミックはどう転んでもリフローにはなりません。ページをそのまま電子書籍にするしかありません。コミックを電子書籍化するにはPDFを使うか、ページをすべて画像にするしかありません

 iBookstoreを日本で開始するには、コミックの対応は不可欠です。epub 3ではXHTMLファイルに画像を配置する仕様を詳細に定めて「固定レイアウト(EPUB 3 Fixed Layout Documents)」と呼ぶようになりました。epubは固定レイアウトを実現することでコミックに対応したことになります。極端に言うと、PDFを使わずにepubだけでコミックを電子書籍化するために開発されたのがepubの固定レイアウトです。



 EPUB 3 Fixed Layout

 epubの固定レイアウト対応はepub 3からとなります。epub 2では日本語の書籍を扱う場合に欠けているものが2つありました。それは

縦 組
右綴じ

です。右綴じは縦組書籍のページめくり方向です。epubはアメリカで開発された規格なので、当初縦組には対応していなかったのです。コミックでは右綴じできなければ話になりません。epub 3の縦組の指定はスタイルシートで行い、綴じ方向はepub内部の「content.opf」というメタ情報や構成ファイルなどのパッケージ内容を記載したファイル内で指定することになりました。

 iBooksはバージョン3.0以降にepub 3に対応し、固定レイアウトにも対応しました。功を奏して日本のiBookstoreの有料アプリのランキングはコミックが総なめです。コミックだけが売れているといっても言い過ぎではないのがiBookstoreの現実です。これらは全てepub 3の固定レイアウトで作成されています。

EPUB 3 Fixed Layout*2013年8月末のiTunestoreのブックの有料ランキング。27位まで表示されているなかで、20以上をコミックが占めています。

 epubを作成するツールはいくつかありますが、実はepub 3の固定レイアウトを正しく書き出すことができるツールはこの時点(2013年8月)ではおそらく存在していません。というのは、epubは基本的にWebサイトと同じ構造だからです。基本的にHTMLとスタイルシートで構成されています。HTMLが読めれば、テキストエディターで作成できます。つまり専用のツールはなくても、Webオペレータのスキルがあれば簡単に作成できるのです。ハードルはそれほど高くありません。



 EPUB 3 Fixed Layout

 iOSアプリであるiBooks 3ではepub 2で作成した固定レイアウトでも、iBookstoreからダウンロードしたepubファイルと同じようにiBooksで開くことができます。epub 2の代表的な編集ソフトであるSigilで固定レイアウトを作成し、epub 3の固定レイアウトで必要な要素や属性を追加してあればiBooksで開きます。epub 3の右綴じの指定は、Sigilで保存したepubでもiBooksでは反映します。

EPUB 3 Fixed Layout
*公開されている「ブラックジャックによろしく1」をSigilでepubの固定レイアウトにして、そのままiBooksにインストールしたもの。epub 2でもちゃんと表示されます。本の装飾はepub2では非表示にはできません。

 ですから、自炊したコミックの画像をSigilに取り込んで右綴じを指定して固定レイアウトを作成すると、自作の固定レイアウトepubが簡単に作成できます。ただし、Sigilで作成したepubは基本的にepub 2なので、iBookstoreに申請できません。iBookstoreに申請するにはepub 3にしなければなりません。

 申請するためのepub 3は残念ながらSigilではできません。単にiBooksにインストールするだけであれば、Sigilで作成できますが、iBookstoreに申請するためにはepubファイルに手を加える必要があります。そのためには一旦epubを解凍します。epubは簡単に言うとZIP圧縮したフォルダの拡張子を「.epub」に変更したものですから、拡張子を「.zip」にするとフォルダを解凍して中身を開くことができます。

 開いたepubファイルを直接編集するのは面倒ですが、編集するポイントさえ押さえておけば、それほど難しくはありません。HTMLファイルの中身を編集するのと同じです。書き換える部分は決まっているからです。書き換えたあともう一度圧縮すればepub 3ファイルの完成です。



 EPUB 3 Fixed Layout

InDesign

 こんにちは、コンテンツ・ワークフロー・スーパーバイザーの上高地仁です。epub 3の固定レイアウトを簡単に作成するためのテンプレートを作成しました。それが「iBooksのepub 3固定レイアウト」です。「iBooksのepub 3固定レイアウト」はSigilで編集する固定レイアウトのテンプレートです。すでに画像ファイル取り込まれ、XHTMLファイルにはその画像がリンクされています。ファイル名が同じページ順になった画像ファイルを差し替えれば、固定レイアウトが完成します。これでiBooksで開く固定レイアウトepubとなります。

 epub 2とepub 3では記述方法に違いがあります。Sigilでepub 3の記述に書き直してそのまま使えれば、Sigilだけで完結するのですがそうはいきません。Sigilでepub 3の指定を書き込んで保存すると、epub 2の記述に戻ってしまう部分があるからです。こういう部分はepubを解凍してファイルを直接編集しなければなりません。編集する内容は

content.opfの書き換え
XHTMLファイルの宣言の書き換え
nav.xhtmlを追加して目次を作成

となります。手順に合わせて手を入れれば簡単に編集できます。

EPUB 3 Fixed Layout
*解凍したepubファイル。Sigilで先に画像を差し替え、不要なファイルを削除してから解凍します。MacintoshではStuffIt Expanderを使うと解凍できます。content.opfはテキストエディターで開いて編集します。なおepub 2の「toc.ncx」は削除します。

 iBookstoreに申請するにはepub 3にするだけはなく、epubcheckという検証ツールでエラーが発生しないようにする必要があります。エラーが表示されなくなってはじめてiBookstoreに申請可能になります。固定レイアウトは構造がシンプルですから、いくつかのポイントだけ編集すればエラーが表示されないepub 3にすることができます。



 EPUB 3 Fixed Layout


 「iBooksのepub 3固定レイアウト」はSigilとテキストエディタが扱う程度のスキルがあれば、iBookstoreに申請可能なepubを作成できます。コミックだけでなく、図版や表などが含まれた書籍は固定レイアウトにするほうが簡単です。リフローにするとデバイスごとに表示結果が変わってしまうことなります。しかし固定レイアウトではレイアウトはそのままです。

 ここで気になるのはデバイスの画面サイズでしょう。たとえば電子書籍のコミックをiPhoneサイズで読むのはかなり無理があります。しかし考えてください。もともとコミックはA4サイズの雑誌で販売されているのです。それが単行本になるとB6になり、あるい文庫本サイズのA6になって販売されています。それで不具合があったでしょうか。iBookstoreでコミックをダウンロードしているユーザーは、iPhoneではiPadで読んでいるのでしょうか。慣れればiPhoneの画面でもオリジナルがA4のコミックでも十分読めます。

 画面が小さくなると確かに読みにくくなります。電子書籍ビューワーではそのためにピンチアウトする機能が用意されています。リフローでレイアウトの表示違いを気にするくらいなら、最初から固定レイアウトにしてしまうほうが簡単ではありませんか。

 固定レイアウトを使うメリットは他にもあります。固定レイアウトであれば、iBookstore以外のブックストアにも少し手を加えるだけで配信ができます。epubに対応していないブックストアはほとんどありません。epubの固定レイアウトであれば複数のブックストアへの対応が至って簡便なのです。紙の本としてレイアウトしたものを、そのまま画像にしてepubの固定レイアウトにするだけです。こんな便利なワークフローを使わない手はありません。

 紙の書籍でたくさん売るには、より多くの書店に並べることが基本でした。出版社は売れると思ったら流通に交渉してより多くの書店に配本します。電子書籍の書店はブックストアです。たくさん売るにはより多くのブックストアに配信することが必要です。そのためにはepubの固定レイアウトしか選択肢はありません。

 「iBooksのepub 3固定レイアウト」があれば、ほとんどHTMLのスキルはいりません。HTMLが読めなくても、epub 3の固定レイアウトを作成できます。画像ファイルを差し替え、テキストファイルを編集するだけでepub 3の固定レイアウトを作成できます。



『iBooksのepub 3固定レイアウトをSigilから作成する方法』は次のものからなっています。

■ iBooksのepub 3固定レイアウトテンプレート

 epub2のテンプレートです。500ページまでの固定レイアウトepubを作成できます。Sigilで開いて編集します。テンプレートにはepub 3のコードが含まれていて、Sigilで画像を差し替えても、iBooksにインストールすると固定レイアウトepubとして開くことが出来ます。テンプレートは300ページ、400ページ、500ページの3種類。


■ iBooksのepub 3固定レイアウトをSigilから作成する方法

 iBooksのepub 3固定レイアウトテンプレートの使い方を解説したマニュアルが『iBooksのepub 3固定レイアウトをSigilから作成する方法』です。Sigilで画像の差し替え方法や、epubを解凍してepubcheckでエラーの出現しないepub 3の具体的な編集方法を解説しています。本書では次のようなことを取り上げています。

EPUB 3 Fixed Layout


目次

はじめに〜iBooksで表示するepub3の固定レイアウトは難しくない

第一章 Sigilで画像とXHTMLファイルを編集する

1-1 SigilだけでiBooks用のepub固定レイアウトを作成する
1-2 固定レイアウトの画像データを作成する
1-3 Sigilに取り込んで画像ファイルを差し替える
1-4 画像データをPNGで取り込んで使用する
1-5 XHTML内の画像のピクセルサイズを変更する
1-6 取り込んだ画像をカバー画像に指定する
1-7 不要なページのXHTMLファイルを削除する
1-8 epub2用にSigilでtoc.ncxの目次を編集する
1-9 content.opfの識別子を書き換える
1-10 メタデータエディターでタイトルと著者名を指定する


第二章 iTunestore申請用のepub3固定レイアウトを作成する

2-1 epubファイルをZIP解凍して展開する
2-2 OEBPSフォルダ内のcontent.opfのpackageを差し替える
2-3 OEBPSフォルダ内のcontent.opfのmetadataを差し替える
2-4 OEBPSフォルダ内のcontent.opfのspineを編集する
2-5 XHTMLファイル冒頭の記述を差し替える
2-6 nav.xhtmlを追加して目次を編集する
2-7 固定レイアウトにページジャンプを追加する


第三章 epubに固めてiBookstoreに申請する

3-1 展開したフォルダをepubにする
3-2 epubcheckでepub3をチェックする



■ epub 3用のnav.xhtmlファイル

 epub 3では目次用のナビゲーションファイルはnav.xhtmlというファイルを追加して行います。解凍したepubのTextフォルダにnav.xhtmlを挿入して目次を編集します。nav.xhtmlは20リスト、50リスト、80リストを用意しています。


■ PDFをそのままiBooks epubに変換する方法[YouTube]
EPUB 3 Fixed Layout

iBooksのepub 3固定レイアウトテンプレートを使って、iBooksにインストール可能なepubファイルを作成する手順を解説した動画です。



 電子書籍というとリフロー型という概念が一般的ですが、読書する上でリフローが必ずしも便利ということはありません。いままでの紙の書籍は固定レイアウトだったのです。デバイスで閲覧するからといって、リフローであるべきとは言えません。テキストだけでリフローがふさわしい電子書籍も、紙の書籍のように読める固定レイアウトとの方が読みやすいかもしれません。

 デバイスによって変倍されるというネックはありますが、レイアウトされた版面のまま電子化する方が意図を伝えやすいことも少なくありません。電子書籍のフォーマットであるepub固定レイアウトは、iBookstoreとKindleで使われるようになり、デジュールからデファクトになったといえます。デファクトになったepubの固定レイアウトを手軽に作成する方法を手に入れてください。



EPUB



OpenOffice Writer


InDesign 『iBooksのepub 3固定レイアウトをSigilから作成する方法』プリントアウト版


『iBooksのepub 3固定レイアウトをSigilから作成する方法』はPDFでのご案内ですが、ご希望の方のみテキストのプリントアウト版を同梱いたします。epubでの固定レイアウトでの作成方法をいち早くご理解いただくために、テキスト本文のプリントアウト版を同梱いたします。A5サイズでプリントアウトし中綴じして製本しています。




InDesign48時間以内の決済でメール便送料無料


対応マーク
お申し込みいただくとすぐにダウンロードいただけます。決済はPaypalもしくは銀行や郵便局で48時間以内にお願いいたします。

テキストPDFとテンプレートの含まれたメディアとプリント版はのちほどメール便でお届けいたします。

*トラック便をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。送料が別途必要となります。トラック便の場合は代引きも可能です。



InDesign作業を効率化するAutomatorワークフロー書類を同梱


 作業を効率化するためにMac OS XのAutomatorのワークフローファイルを用意しました。ファイルをクリックしてAutomatorを起動して実行するだけです。

・Automator_pdf_jpg連番
 PDFをJPEGの連番画像に書き出すワークフローです。そのままSigilで差し替えることが出来ます。

EPUB 3 Fixed Layout
*Automator_pdf_jpg連番をダブルクリックするとAutomatorのワークフローが開きます。解像度を指定して、保存先のフォルダを指定します。[実行]してPDFを選択すると、PDFのページがJPEG画像になります。書き出されたJPEG画像は「document_*****.jpg」で書き出されて、そのままSigilで取り込むとファイルの連番が固定レイアウトのページになります。

・Automator_epubpack
 解凍したepubファイルを、正しくepubに圧縮するワークフローです。Automatorでフォルダを選択するとepubに圧縮されます。

・Automator_epubcheck
 iBookstoreに申請するにはepubcheckというツールで検証が不可欠です。epubcheck 3.0.1をアプリケーションフォルダにインストールして、Automator_epubcheckを起動すると、epubファイルを選択してepubcheckで検証できます。正しく編集されていてれば、エラーは出現しません。


InDesign3ヶ月メール無料サポート

お申し込み後3ヶ月以内は無料でメールサポートいたします。疑問点やお気づきの点があればご遠慮なくお問い合わせください。





EPUB 3 Fixed Layout
EPUB 3 Fixed Layout
『iBooksのepub 3固定レイアウトをSigilから作成する方法』
上高地 仁 著/A5_60P/2013年08月31日初版/インクナブラ 刊行

OpenOffice WriterマニュアルPDFとepubテンプレートが収録されたCD

販売価格:4,990円
一般価格:4,990円 DTP-S倶楽部会員価格:1,000円
 
 



●送料メール便のお申し込みは下記Webフォームからのお申込みください


インクナブラ電子書籍作成ツール
■ご希望の書籍・ツールをチェックして数量を入力して下さい。

製 品 名
販売価格(税込)
数量
iBooksのepub 3固定レイアウトをSigilから作成する方法:4,990円
4,990円 
  iPhoneアプリ作成ツールSakuttoBook
→お申し込みはこちらから  



■下記フォームはメール便での配達する場合のお申し込みとなります。
トラック便でお申し込みされる場合こちらからお申し込みください。別途送料が必要です。代引きでお支払いも可能です。

■各フォームに記入のあと、「書籍・ツールを申し込む」ボタンを押してください。(*は必須です。)
■*は必須項目ですので記入漏れがないか、もう一度ご確認ください。

     

貴社名

お名前*

ふりがな*

郵便番号*

住所*
※マンション・ビル名、部屋番号までご記入願います。

E-Mail*
半角英数でご記入下さい。アドレスはくれぐれも間違いのないようご注意ください。

Tel*
※お届け時にご連絡可能な電話番号の記入をお願いします。

お支払い方法*
※Paypalで決済される場合は、のちほど決済リンクをメールでお送りいたします。銀行・郵便局での振込先は返信メールに記載しております。いずれも48時間以内に決済願います。メール便はのちほどお届けいたします。銀行・郵便局での決済では、振込手数料はご負担願います。

ご請求方法*
注意)代金引換の場合は弊社では佐川急便との二重請求になるため請求書・領収書を発行いたしません。
領収書が必要な場合は、引き替え時に佐川急便の配送ドライバーの方にお申し付けください。
代金引換の商品明細を希望される場合は「明細書」を選択してください。

プリントテキスト
※テキストのプリント版を希望される場合は、必ず「プリント版を希望する」を選択して下さい。

DTP-S倶楽部*
コンテンツ・ワークフロー実践会DTP-S倶楽部に同時にご入会いただきますとDTP-S会員価格(1,080円)にてご購入いただけます。

メッセージ



*インクナブラ書籍・ツールは実用的なものばかりです。いますぐお申込ください。
 

 


epubの固定レイアウトは
誰にでもできる電子書籍フォーマットです。

 iBooksのepub固定レイアウトは、電子書籍を複数のブックストアで展開するときの最初の一歩です。いちからepubを作成するとたいへんですが、画像ファイルを差し替えるだけであれば、誰にでもできます。

 epubの固定レイアウトはepubの構造を知悉していれば決して難しくありません。しかしそれでも手軽に作成できるツールはありません。また作成してepubcheckという難関があります。このテンプレート以上に手軽に固定レイアウトを作成できるツールはありません。

 epub3にする場合は、epubの中身を書き換えたり追加したりする必要がありますが、必要なところだけがわかっていれば決して難しくありません。ただし追加する要素や属性はビューワー(リーディング・システム)によって異なります。iBooksでは独自の属性を追加していますが、もちろんそれにも対応しています。

 iBookstoreに固定レイアウトのepubを並べることができれば、今度はKindleやkoboの固定レイアウトを作成してみましょう。変更する箇所がわかれば難しくありません。基本的な構造さえわかれば、epubの固定レイアウトは簡単です。是非トライしてください。


今すぐ上記のお申込フォームからお申込みください。




ご意見・お問い合わせはこちらから