書籍
素材集
面付けの素
セミナー
Web通販
お問い合せ
LETS入会
DTP-S
>トップページ
CONTENTS
・書籍
・素材集
・iPhoneアプリ作成
・PDF面付けの素
・セミナー
・Web通販
・問い合わせ
・LETS入会案内
・DTP-S


InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法



InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法


InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法
 

 日本での電子書籍ストアはKindleの一人勝ちとなりました。日本でKindleストアが始まってから、1年以上が過ぎて大勢は固まりました。昨年(2012年)12月の株式会社インプレスR&Dのアンケートでは電子書籍ストアの利用率では
http://www.impressrd.jp/news/130109/OnDeck

Kindle 40%
Kinoppy 13.4%
Reader Store 10.1%
楽天kobo 7.4%
BookLive 6.7%

でした。翌年(2013年)4月のアンケートでは
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1306/10/news089.html

Kindle 49.4%
iBookstore 15.8%
Kinoppy 14.7%
Reader Store 9.6%
楽天kobo 7.6%
BookLive 7.3%

翌年11月のアンケートでは
http://www.j-cast.com/2014/01/13193259.html

Kindle 55.2%
iBookstore 17.5%
Kinoppy 13.5%
楽天kobo 11.9%
Reader Store 11%
BookLive 8.3%

となっています。利用率なので複数のストアを利用しているユーザーも少なくありません。Kindle1年で15ポイントも利用率を高め、上記3つの電子書籍ストア以外も利用率は漸増もしくは横ばいです。大きく伸びたのはKindleだけでした。全体的に電子書籍の利用率は高まっていて、Kindleに集中しつつあるいえます。

 また昨年3月に始まったアップルのiBookstoreは約半年でいきなり15.8%のユーザーを獲得していますが、半年後に飛躍してユーザーが増えた様子はありません。

 電子書籍ストアでKindleストアが選択されているのは、アンケートの回答として紹介されているのが

Amazonのアカウントが利用できる
どのデバイスでも読めるし点数も豊富
ワンクリック購入が楽

という理由です。iBookstoreはiOSデバイスでしか読めないので、そのデメリットが大きいことが窺えます。カード決済のアカウントではiOSユーザーの方が多いと思われますが、大半はアカウントはカード決済しないアカウントでしょう。Amazonのアカウントは普段からAmazonで利用されているアカウントなので、決済のハードルは低いといえそうです。



InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法
 

 Kindleに電子書籍を申請するには、epubという電子書籍フォーマットを使う必要があります。テキストファイルだけでも入稿は可能ですが、縦組にするにはepub形式で縦組を指定しなければなりません。

 そのためにepub作成ツールはいくつかあります。ただしこれが本命というものはいまのところありません。作成ツールはいろいろありますが、それぞれメリットデメリットは使ってみないとわかりません。どれがいいのかはユーザーのスキルレベルによるでしょう。

 epubというのは中身はhtmlです。ブラウザでインターネットのページを表示する技術です。ブラウザがビューワーということになります。レイアウトの複雑な指定はカスケードスタイルシートを使います。CSSと呼ばれている仕様です。CSSでの指定はオプションです。使わなくてもかまいませんが、使わないと味気ないレイアウトになってしまうだけです。

 htmlとcssを読めるスキルがあなたにあれば、フリーソフトのSigilだけ縦書きのepubは作成できます。Sigilではもともとepubの構造を持ったままファイルを作成しますから、テキストを貼り込み、取り込んだ画像を貼り込むだけでepubは作成できます。レイアウトを凝ったものにしたいのであれば、レイアウト部分にスタイルシートを指定します。そしてリンクしたスタイルシートファイルに必要なスタイルシートを入力します。それでepubで指定可能なレイアウトは再現できます。

 もしあなたにそういうスキルがないというのであれば、おすすめのepub作成ツールは

InDesign CS6(もしくはInDesign CC)

です。決して安くはありませんが、複雑なepubのレイアウトを簡単に書き出してくれます。

 


InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法
 

InDesign

 こんにちは、コンテンツ・ワークフロー・スーパーバイザーの上高地仁です。実際InDesignのepub作成がどのくらい簡単なのかということを知るために、InDesignでレイアウトしてepubを書き出し、Kindleに申請してみました。実際に作成して申請してみなければ本当ところはわかりません。

 最初に作成したKindleブックがこれです。

進撃の巨人、ミスリードの謎 [Kindle版]

進撃の巨人、ミスリードの謎 [Kindle版]

 『進撃の巨人、ミスリードの謎』では縦組のレイアウトで必要とするものをいくつか組み込んでレイアウトしてみました。たとえばルビはInDesignで入力すると、そのままepub内にルビダグとして書きだされます。ルビタグを指定する必要はありません

 縦中横や圏点(傍点)、下線はそのままレイアウト設定がスタイルシートとして書き出され、指定したテキストにスタイルシートが割り当てられます。タグの生成とスタイルシートの書き出しを同時に行います。InDesignの段落スタイルや文字スタイルもepubのスタイルシートに書き出されます。

 InDesignの段落設定や文字設定の多くがそのままepubに書き出されるので、InDesignでKindleに合わせたレイアウトを作成していれば、実際にKindleで表示したときとほぼ同じレイアウトをInDesignでチェックできます。

 InDesignで作成するメリットは、htmlのタグやスタイルシートについて考えなくてもいいことです。多少はスタイルシートを編集する必要はあります。しかしそれも決まったテキストを修正したり、スタイルシートを追加するだけです。手順に従って修正するだけです。

 またKindleでは2種類の目次が必要です。「toc.ncx」とhtmlのナビゲーション目次です。tocというのはTable Of Contentsのことで、目次という意味です。「toc.ncx」はncx形式のファイルで<navMap>というタグで目次を指定します。epub2までの目次の形式です。もう1つはhtmlのリストタグで指定する目次です。この目次は本文に挿入します(非表示にもできます)。こちらはepub3で使われる目次です。iBookstoreではhtmlのナビゲーション目次があればそれだけでいいのですが、Kindleでは古いデバイスとの互換性を踏まえて両方とも必要です。InDesignでは両方の目次を同時に書き出してくれます。目次の作成は結構手間で、2種類の目次で手作業で作成するのは骨が折れます。InDesignを使う上での大きなメリットでしょう。


詳しくはこちらの記事もご覧ください。

◆InDesign CS6からKindle用epubを作成してみた

◆InDesignからmobi「進撃の巨人、ミスリードの謎」Kindleに申請せり

◆InDesign CS6からKindleのmobiで便利な段落設定とは

◆InDesignからKindleブック作成方法をKindle版で出版した


◆InDesignからepubのカバーを書き出すときの振る舞いとは

より具体的にInDesignからepubを作成する方法を取り上げています。




■ InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法

 InDesign CS6でのドキュメント作成のポイントとepubの書き出し、Sigilでの編集方法を解説したマニュアルが『InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法』です。InDesignを使うことで便利な組版指定、テンプレートの作成方法、Sigilで編集して再現する組版指定などをわかりやすい取り上げています。本書では次のようなことを取り上げています。PDF版、A5サイズ80ページ(Kindle版をベースに加筆しています)。

InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法


目次

はじめに〜なぜ、epub作成にInDesignを使うのか

第一章 epubに書き出されるInDesignのレイアウトの秘密

1-1 InDesignの縦組はそのまま縦組で書き出される
1-2 InDesignのルビをhtmlで書き出す
1-3 傍点などの圏点を指定する
1-4 下線を追加してテキストを強調する
1-5 上付き文字、下付き文字を設定する
1-6 縦組で数字や欧文文字列を縦中横にする
1-7 外字などをテキスト外の文字や記号を画像で挿入する
1-8 インライン画像をレイアウトに反映させる
1-9 InDesignは論理目次とhtml目次を書き出す


第二章 InDesignでテンプレートを作成する

2-1 InDesignでドキュメントサイズをビューワーに合わせる
2-2 epub書き出しを想定して段落スタイルを作成する
2-3 ビューワーに合わせてルビを詳細に設定する
2-4 画像をインラインでテキスト内に埋め込む
2-5 InDesignでハイパーリンクを設定する
2-6 目次スタイルを作成して目次を反映させる


第3章 InDesignからepub3を書き出す

3-1 epub書き出しでの一般パネルの設定
3-2 epub書き出しでの画像パネルの設定
3-3 epub書き出しでの詳細パネルの設定


第4章 Sigilで書き出したepubを編集する

4-1 [メタデータエディター]で書籍のタイトルを入力する
4-2 xhtmlページを分割して改ページする
4-3 スタイルシートでインデントを指定し行間を削除する
4-4 外字のスタイルシートを挿入して画像を差し替える
4-5 画像にテキストを回り込ませて表示する
4-6 縦組で下線(傍点)を右側に表示する
4-7 htmlのナビゲーション目次を縦組で表示させる






 Kindleストアにあなたの電子書籍を並べるのはとても簡単になりました。日本でもKindleはよほどのことがない限りこれから先ずっと半分以上のシェアを占め、自己出版する方法してはもっともハードルの低いものです。

 しかもKindleではKindle Previewerというソフトがあり、多少いい加減なepubでもKindle用のmobiという形式のファイルに変換してくれます。エラーで変換できないのは、epub内に書籍のタイトルが入力されてないときくらいです。iBookstoreと違ってエラー内容も日本語で表示されるのでたいへん親切です。

 あとはKDP(Kindleダイレクト・パブリッシング)にアップロードするepubファイルを作成するだけです。あなたに簡単にKindle用epubファイルを作成したいのであればInDesign CS6以降をご用意ください。テキストをInDesignのページのペーストしていくだけです。あとはepubで書き出すとKindleに申請可能なepubファイルが完成します。





EPUB



OpenOffice Writer


InDesign そのまま使えるiPhone5とKindleサイズのテンプレート


 さてInDesignは扱うが難しいと言われます。あまりに高機能なため使いこなすのは至難の業です。しかし印刷用のレイアウトをするのであればそうでしょう。レイアウトには厳密さを求められます。epubファイルを書き出すだけであれば、どうでしょう。必要な使い方だけがわかっていればいいのです。

 そこでInDesignスキルがなくてもepubドキュメントを作成できるようにテンプレートをご用意しました。テンプレートがあればドキュメントの作成は簡単です。

ページを作成
テキストをペースト
テキストに段落スタイルや文字スタイルを指定
ルビや縦中横、下線や圏点を指定
画像をインラインで配置
epubファイルとして書き出し

これで完成します。テキストは基本的に章単位でペーストします。ペーストすると自動的にページが生成されます。次の章は新しいページを作成しテキストをペースするだけです。epub作成という機能だけを使うのであれば、決して難しくはありません。
ご用意したテンプレートは

iPhone5サイズ 縦組
iPhone5サイズ 横組
Kindleサイズ 縦組
Kindleサイズ 横組

の4種類です。Kindleブックが閲覧されるサイズはiPhone5もしくはKindle Previewerがもっとも多いと思われます。どちらか使いやすい方をお使いください。iPhone5サイズで作成し、Kindle Previewerでプレビューすると両方の表示をチェックできます。

InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法

*iPhone5用の縦組テンプレート。標準的な文字組みでフレームグリッドを作成しています。テキストを流し込んで、段落スタイルを指定するだけです。



InDesign チュートリアルサンプルとYouTube動画


 テンプレートを使用して作成したチュートリアルデータも同梱いたします。『進撃の巨人、ミスリードの謎 [Kindle版]』で使用したテキストの一部と貼り込んだ画像データもご用意します。

 テンプレートとチュートリアルデータだけでは不安な方のために、InDesignでのレイアウト作成動画を配信します。YouTubeでご覧いただけます。実際の手順をご確認いただけます。




InDesign48時間以内の決済でメール便送料無料


対応マーク
お申し込みいただくとすぐにダウンロードいただけます。決済はPaypalもしくは銀行や郵便局で48時間以内にお願いいたします。

テキストPDFとテンプレートの含まれたメディアとプリント版はのちほどメール便でお届けいたします。

*トラック便をご希望の場合は、こちらからお申し込みください。送料が別途必要となります。トラック便の場合は代引きも可能です。



InDesign3ヶ月メール無料サポート

お申し込み後3ヶ月以内は無料でメールサポートいたします。疑問点やお気づきの点があればご遠慮なくお問い合わせください。





InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法
InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法
『InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法』
上高地 仁 著/A5_60P/2013年08月31日初版/インクナブラ 刊行

OpenOffice WriterマニュアルPDFとepubテンプレートが収録されたCD

販売価格:4,990円
一般価格:4,990円 DTP-S倶楽部会員価格:1,000円
 
 



●送料メール便のお申し込みは下記Webフォームからのお申込みください


インクナブラ電子書籍作成ツール
■ご希望の書籍・ツールをチェックして数量を入力して下さい。

製 品 名
販売価格(税込)
数量
InDesignでKindleのepubをラクラク作成する方法:4,990円
4,990円 
  iPhoneアプリ作成ツールSakuttoBook
→お申し込みはこちらから  



■下記フォームはメール便での配達する場合のお申し込みとなります。
トラック便でお申し込みされる場合こちらからお申し込みください。別途送料が必要です。代引きでお支払いも可能です。

■各フォームに記入のあと、「書籍・ツールを申し込む」ボタンを押してください。(*は必須です。)
■*は必須項目ですので記入漏れがないか、もう一度ご確認ください。

     

貴社名

お名前*

ふりがな*

郵便番号*

住所*
※マンション・ビル名、部屋番号までご記入願います。

E-Mail*
半角英数でご記入下さい。アドレスはくれぐれも間違いのないようご注意ください。

Tel*
※お届け時にご連絡可能な電話番号の記入をお願いします。

お支払い方法*
※Paypalで決済される場合は、のちほど決済リンクをメールでお送りいたします。銀行・郵便局での振込先は返信メールに記載しております。いずれも48時間以内に決済願います。メール便はのちほどお届けいたします。銀行・郵便局での決済では、振込手数料はご負担願います。

ご請求方法*
注意)代金引換の場合は弊社では佐川急便との二重請求になるため請求書・領収書を発行いたしません。
領収書が必要な場合は、引き替え時に佐川急便の配送ドライバーの方にお申し付けください。
代金引換の商品明細を希望される場合は「明細書」を選択してください。

プリントテキスト
※テキストのプリント版を希望される場合は、必ず「プリント版を希望する」を選択して下さい。

DTP-S倶楽部*
コンテンツ・ワークフロー実践会DTP-S倶楽部に同時にご入会いただきますとDTP-S会員価格(1,000円税込み)にてご購入いただけます。

メッセージ



*インクナブラ書籍・ツールは実用的なものばかりです。いますぐお申込ください。
 

 


電子書籍の最初の第一歩は
Kindleストアこそが本命です。

 かつて日本の電子書籍はiPhoneアプリでしか売れませんでした。iPhoneアプリはプログラムを開発する必要があり、とても敷居が低いとは言えませんでした。手軽な作成ツールもありましたが、申請してもアップルの審査が厳しくて手間ばかりがかかりました。

 いずれ日本で本格的な電子書籍時代の幕が開くと誰もが予想していました。そのときはアマゾンのKindleか、アップルのiBookstoreのいずれかの勝負になるだろうと予想されました。日本でもいくつも電子書籍ストアが頑張っていましたが、アマゾンが日本でローンチしたあとは、あっけなく勝負は決まりました。アマゾンの完勝でした。

 電子書籍の場合は、複数のストアで配信することができますが、Kindleを使う場合は、70%のロイヤリティ(印税)をもらうためには、KDPセレクトに登録しなければなりません。KDPセレクトに登録すると、他の電子書籍ストアから配信できません。KDPセレクトは独占契約なのです。

 Kindleで電子書籍があまり売れないのであればKDPセレクトは不要です。しかし実際には圧倒期にKindleで売れます。そうなると、KDPセレクトにするか、KDPセレクトにせずに複数のストアに配信するのかを天秤にかけるしかありません。複数の電子書籍ストアに配信すると、ストアの分だけファイルをカスタマイズしなければなりませんから、ハードルは決して低くありません。

 Kindle用のepubファイルはInDesignを使わなくても作成できます。しかしそれ以外のツールではhtmlとcssの知識とスキルは不可欠です。効率的に仕上がりを確認して作成するにはInDesignが一番で、Sigilでの編集もごくわずかです。InDesign CS6はKindle用epub作成ツールとしては、もっとも簡単なツールです。まずはKindleから始めませんか。


今すぐ上記のお申込フォームからお申込みください。




ご意見・お問い合わせはこちらから